http://cubbike.web.fc2.com/index.html


About Cub


ちょっと
日本一周してきた。


カブに乗って。


雑多




ブログはこちら

カブ90で日本一周とか
(エキサイトブログ 別窓)


 

■ Top >>> ■ コラム雑文 >>> ■ METALLICAと婆さん

METALLICAに身を委ねる婆さん@山梨-東京間

数年前の初夏だったと記憶している。山梨に入り、富士山方面に向かっていた。

予てから興味のあった富士五湖巡りに挑戦していた時の事だった。


河口湖(かわぐちこ)・山中湖(やまなかこ)・精進湖(しょうじこ)・西湖(さいこ)・本栖湖(もとすこ)

この五つの湖の総称である。山梨側の富士山麓にあり、ちょっとした観光スポットでもある。
これまで山中湖にしか訪れたことのなかった僕は他の湖全てを走破周遊して、
非常に満たされた気分だった。(河口・山中以外の控えめな雰囲気も素敵だったし)

まだ明るい時間帯だったが、日帰りツーリングだったので東京方面へ引き返す。
ガス欠気味だったので、とあるガソリンスタンドへ駆け込んだ時の話だ。

「群馬から来たの?あ、練馬、群馬って見えたわ」

とことなく可愛らしい婆さんが優しく迎えてくれた。

「昨日までは天気も悪かったけど〜。運がいいわね」


そんな当たり障りの無い事を話しながら給油を終える。婆さんの手際は良い。
空腹だった僕は、休憩スペースを借りるとことわり、パンとお茶を持って室内へ入った。

狭かったが、掃除が行き届いており自販機や机や椅子も完備されている。

婆さんは「ごゆっくり」と言って、脇にある自室らしきスペースへ戻った。
ドアは取り外されているらしく、壁には蝶番の取り付け跡が残っていた。


お茶を飲んでいると、音楽が聞こえてくる。

METALLICA の Seek and Destroy だった。
最初は有線やテレビ、ラジオかなんかで
たまたま掛かっていただけかと思った。

しかし、カークハメット渾身のギターソロが終わると、イントロに戻る。

ソロ終了後のリフとイントロのリフ、ギターのフレーズは同じだがドラムの入りが違う。
METALLICAはあまり聞いたことが無い僕だが、それぐらいは知っていた。

僕はパンを急いで口に放り込み、部屋から流れてくる音楽に耳を傾けた。
やはり、ギターソロが終わるとイントロに戻る。

ドアのないその部屋を、悪いと思いながらも、そーっと覗き見てみた。

大きな一人がけのソファに深く腰掛けるそのばーさん。
36型はあろうかというテレビ画面に見入っている。
背の高い棚には「世界の名画」シリーズみたいなVHSがギッシリ並んでいた。

テレビに写っているのは…METALLICAのプロモーションビデオ?
と、思ったが、目を凝らしてみると、海外ドラマ「24 Twenty Four」だった。
あまり見た事がないので何シーズンかまでは分からないけれど。
キーファー・サザーランド演じるCTU捜査官「ジャック・バウアー」が
携帯電話に叫んでいるシーンだった。音量はゼロ。台詞は一切聞こえない。

婆さんがサイドテーブルのリモコンに手を伸ばす。
ボタンを一押しすると、Seek and Destroy のイントロがまたもや始まった。

やはり、婆さんは、自分の意志でMETALLICAを聞いているのだ、否、聴いているのだ。

無音の24を鑑賞しながら、ヘヴィメタルの激しさに身を委ねているのだ。

ずいぶん長居をしてしまった事を詫び、婆さんに見送られて帰宅した。。

ラーズ・ウルリッヒの独特なブレイクとバスドラが心地良いのだろうか?
それとも若くして逝ったクリフ・バートンに追悼の意を捧げているのか?
ソロを聴き終えてから戻すってことはカーク・ハメットのファンなのか?

METALLICAをあまり知らない僕は、帰宅後ネットで調べながらいろいろと考えた。

しかし、意外な結論(あくまで仮説だが)が導き出される事となる。



メタリカのVo&Gt ジェイムズ・ヘットフィールドジャック・バウアー役のキーファー・サザーランド


こ・・・これは・・・? そういうことだったのか・・・!?この二人、顔の系統はよく似ている。
なんというか、ジャイアン系(剛田武さん)?の様な男らしい顔つきが好みだったのだ!
お子さんやお孫さんが、メタリカ好きなのかとも思ったが、
婆さんは明らかに自分の意志で頭出しをしてあの楽曲に聞き入っていた。
音の無い24をひたすら見つめていたのも"何となく"なんかじゃない!!

ばーさんは、あの系統の顔が好きなんだ!!

がギブソンコレクターでもある
キーファー・サザーランドで、

がライブ中に吠えまくっている
ジェイムズ・ヘットフィールドです。

ジャック・バウアーってメタリカのボーカルなんだよ
なんて言われたら信じる人もいるかもしれない。

知らない人にこの画像を見せたら・・・。



ヒゲを伸ばしたジャック・バウアーと、サイン会でのジェイムズ。(嘘)

以前、西武池袋線の車内でメタリカのバンドTシャツを着た婆さんを見た事がある。
「Creeping Death」と書かれていたので「自虐ネタか!?」と友人と考え込んだものだ。
意外とお婆ちゃん層にも人気があるのかもしれない。

24 Twenty Fourは、日本でも爆発的な人気を誇る海外ドラマシリーズだ。
実際に、見出すと止まらない(シーズン1・2は深夜放送で見入ってました)
今は小五郎のおっちゃん役でお馴染みの声優さんの吹き替えも印象深い。

また、掛かっていたSeek and Destroy は、リフが強烈に残る攻めの一曲だ。

婆さん「Searching.Seek and Destroy!!(見つけ出せ!探し出してブッ壊せ!!)」


Seek and Destroy 発表時のジェイムズは二十歳そこそこで見た目もずいぶん違っただろう。
その楽曲ばかりを繰り返し聴き続けるという行為も、やはり不可解である。そして・・・
スタンドを切り盛りするお婆ちゃんの探求と破壊行為はまだまだ続くのである。きっと。
謎は深まるばかりであった。(特定を避ける為、一部フィクションが混ざっています)




Deers All Rights Reserved.

inserted by FC2 system