http://cubbike.web.fc2.com/index.html


About Cub


ちょっと
日本一周してきた。


カブに乗って。


雑多




ブログはこちら

カブ90で日本一周とか
(エキサイトブログ 別窓)


 

■ Top >>> カブってなに?

カブとはいったいどんなバイクなの?


■見たことあるよね?  ■どんなカブがあんの?  ■カブを楽しむ!



いきなりですが、カブというバイクをご存知でしょうか?

名前までは知らなくても、画像を見れば「あ〜!コレね!」となること間違い無し!


カブを見たことが無いって人は、きっといない。多分・・・。
近所のお蕎麦屋さんにて。


外に出れば、1日1度は目にするであろうこのバイクが、「カブ」です。

HONDA社の"スーパーカブ"は6000万台以上の販売台数を誇ります。



このバイクの特徴は、何と言っても 燃費がいい頑丈という点です。
ガソリン1Lで60kmくらいは走ってくれる。小回りも効くし場所も取らない。
おまけに、50ccまでならば原付免許や車の免許で乗れてしまう。

そんな理由から、業務用のお仕事バイクとして至る所で活躍している。


蕎麦屋
ほらね。


出前も余裕!
ほら。


ご存知郵便屋さんだって。



警察官だって、カブを乗り回してます。 wikipediaより。



オカモチ積載状態でも抜群の安定感。



お馴染み、新聞配達!


・ ・

その他にも、銀行や保険会社などの外回りや畑仕事にも使われています。
変り種としては、以前山梨に行った際、山中にある高校へ通うための足として、
多くの女子高生がカブを運転していました。


じゃあカブは業務用バイクなの?



さて、長々とカブの仕事っぷりを紹介して参りましたが、業務用だけではありません!


一口にカブと言っても、その種類は様々。

いかにも業務用なタイプから、デザイン性に特化したタイプまで色々。



いわゆる普通のカブこと、スタンダード(STD)とデラックス(DX)
違いは塗装の違いと、フロントキャリア(前輪上部の荷台)の有無だそうで。
ただ、カラーリングもほぼ同じだし、キャリアも後から付けられる。
50ccと90ccがあります。(昔は他にもありましたが。)
90ccも生産が終了していました…。ショックです。




渋いルックスのカブ カスタム通称:角目。
ヘッドライトやウィンカーが四角いのが特徴。





お仕事カブでも紹介した、プレスカブは、足回りが強い!
大きなキャリア(荷台)と前カゴを満杯にしても、ちょこまかと動ける。





可愛らしいデザインの「リトルカブ」
ポップなカラーや乗りやすい車高で人気を集めています。





ちなみに、私が最初に乗ったのもリトルカブでした。(奥多摩にて)





最新のC110。街中で見かけることも増えてきた。
110ccで、車格も少し大きくなった。





そのプレスカブ仕様が、このC110 pro
これも最近よく見かけるようになってきました。





「ハンターカブ」ことCT110 は、こう見えて農場仕様!
現在はオーストラリアから逆輸入状態。中古車も高値で取引される。





中身はカブだが、見た目はスクーターの ジョルカブ
左に見えるチェンジペダルが素敵です、が・・・生産は終了。





俗に「郵政カブ」と呼ばれるMD90(50ccもあります)。
市販されてはいませんが、局からの払い下げ品が中古で出回ります。
(郵便局カラーで公道を走るのはNGだそうですが)

この様に、ざっと挙げただけでもこんなにバリエーションがあります。

それだけでなく、3速か4速かセル(押すだけでエンジンが掛かるボタン)の有無
排気量(cc)の違いに、その他 年式による差まで・・・と、キリがありません。


さらにさらに・・・!!
2012年、スーパーカブは 50cc / 110cc ともにフルモデルチェンジを決行。
ヘッドライト、ウィンカー、ハンドル周り、角ばったデザイン、NEWカブの誕生です。

■Honda | バイク | スーパーカブ50/スーパーカブ110




寂しい気もしますが、1958年から続いてきたスーパーカブは完全に終了し、
今後はこの「新たなスーパーカブ」が活躍する時代となりました。
ビジネスバイクとして街中で見かける頻度も徐々に高くなることでしょう。




クロスカブ 爆誕!!    ■CROSS CUB | Honda
アウトドアからタウンユースまで、幅広く意識したニューモデルです。



とまあ、カブというバイクは既に「ビジネスバイク」としての域を完全に超えちゃってます。
お洒落に乗るも良し、キャンプに行くも良し、物を運ぶも良し、デートに使うも良しと
オールラウンダーなバイクかもしれません、高速道路は乗れないけどね。


番外編 〜SUZUKI YAMAHA編〜

ビジネスバイクとして優秀なカブなので、他社からも同じ系統のバイクが出ています。


画像に意味はありません、もちろん悪意もありません。





SUZUKI バーディー。よく似ていますが、まだ見分けられます。
ヘッドライトの位置や、タイヤ周りからして積載に対する強さが窺えます。


上は現行モデルですが、旧型になると・・・




John「これはカブですか?」 Maki「いいえ、バーディーです」
John「Oh・・・」





Tom「これはカブですか?」 Keiko「いいえ、YAMAHA メイトです」
Tom「Wat da fa●k is this…」 Keiko「Oh…misspell」


はっきり言って、ずっとカブに乗っている僕にも見分けられません。
車体のステッカーで初めて気がつくこともしばしば。まだまだです・・・。




離れたらもっと分からないよ!



大分県にて見かけた、鉢植え屋さんのバーディーです。



最早この手のバイクの総称が「カブ」なのかもしれません。

広くて深い、カブの世界です。



自分好みに、カブを楽しむ!

世の中にはカブを楽しんでいる人がたくさんいます。
その一つがカスタムです(車種の"カブ カスタム"では無く、改造の意味)

「改造」なんて言うと難しそうだし、取っ付きにくい気もしますが、
手間もお金も掛けずに、便利で可愛くできるカスタムだってたくさんあります。

実際、車体を分解したりエンジンを開けたりする事が出来ない僕も
存分に"カスタム"とやらを楽しんでいます。

また、カスタムショップと呼ばれる専門店も存在しています。
素敵なカブが目白押しなので、参考になりますよ!

以下、代表的なカスタムショップです。

■ MY WAY Collectionには可愛らしいカブが盛りだくさん。
■モトメビウス カッコいいカブが揃う Complete Model。(閉鎖した?)
■アウトスタンディングMC こちらはパーツ屋さん。安いです!

カスタムに関しては、■こちら で個別に扱う予定です。!



少しでもカブに興味を持っていただけたら幸いです。


ちなみに、私のカブはこんな感じです。


=戻る=

Deers All Rights Reserved.

inserted by FC2 system